Share | rss

ワクチン接種がいよいよスタート!

ワクチン接種新聞記事

注射の写真

 ファイザー社製のワクチン第1号が2月12日に到着し、2月17日から医療従事者を対象にワクチン接種が開始されました。
 今後、すべての日本国民を対象に順次、ワクチン接種が開始されますが、その手 順をお知らせします。
 人口の大半が接種して免疫を獲得すれば、ウイルスの流行が収まる「集団免疫」 が実現できてロックダウンや緊急事態宣言発出による行動制限や経済活動の制限をしなくて済むと期待されています。

いつ受けられるのか?

  1. 医療従事者(2万~4万人) 2月17日接種開始
    国立病院や公的病院の医師・看護師を対象として、先行接種で副作用などを確認
    すでに、接種希望を聞き取り済み
  2. 医療従事者(370万人) 3月接種開始
    コロナ患者と接する医療機関、保健所などの職員対象
    勤務先を通じて案内がある
  3. 高齢者(3600万人) 4~6月接種
    重症化リスクの高い65歳以上の高齢者対象で6月末までに完了を目指す
    住民票のある区市町村から3月までに「接種券」が届く
  4. 高齢者施設の従事者と基礎疾患のある方(1020万人)
    6月以降接種開始
    老人ホームや老健施設等の職員と心臓病や糖尿病、肥満などの基礎疾患のある方対象
    住民票のある区市町村から順次「接種券」が届く
  5. 60~64歳(750万人) 6月以降接種開始
    住民票のある区市町村から順次「接種券」が届く
  6. 上記以外の方はワクチン供給量に応じて接種開始
    16歳未満の方への接種は未定

どうやって申し込むのか?

「接種券」と「新型コロナワクチン接種の案内」が板橋区や○○市などの住民票のある区市町村から届きます
高齢者には3月、その他の皆様にも4月以降、順次届きます

接種希望者はワクチンを受ける医療機関や接種会場に電話やインターネットで接種予約をする

※板橋区の場合は3月1日からコールセンターを開設して予約を受け付ける

「接種券」と運転免許証や健康保険証などの身分証明書を持って、指定の日時に会場に向かう

どこで受けられるのか?

集団接種会場

  • 大規模病院
  • 学校の体育館
  • 高齢者施設
  • 公民館等

個別接種

  • 中小規模の病院
  • かかりつけ医

<板橋区の場合>

 

施設名

設置数

1ヶ月の接種数

2ヶ月の接種数

区施設

赤塚健康福祉センター

5ヶ所

18.942ヶ所

37.884ヶ所

志村健康福祉センター

旧中央図書館跡地

旧板橋第9小学校

高島平区民館

医療機関

病院・診療所等

200ヶ所

74.649ヶ所

149.298ヶ所

高齢者施設

介護老人保健施設等

130ヶ所

8.000ヶ所

16.000ヶ所

合計

335ヶ所

101.591ヶ所

203.182ヶ所

※板橋区は、上記のようにかかりつけ医で接種が受けられるのが特徴
9月末には完了を目指す!

かかりつけ医の新聞記事

集団接種会場での流れは? すべて完了までに30分はかかります!

①受付→②予診票に体調などを記入→③予診票の確認→④待機スペース→
⑤医師による接種可能の判断→⑥待機スペース→⑦接種→⑧接種済証交付→
⑨経過観察スペース(15分以上待機)

どんな副作用があるのか?

副作用 発生の確率
痛み 70.7%
倦怠感 33.4%
頭痛 29.4%
筋肉痛 22.8%
寒気 11.5%
11.4%
腫れ 11.0%
関節痛 10.4%
吐き気 8.9%

 最も副作用のあるのは注射をした部位の痛みだといいます。
 普通のインフルエンザワクチンの注射は皮下組織までですが、筋肉まで注射をするので、痛みが残るといいいます。

 アナフィラキシーショックについても一部報告され、報道されてもいますが、ファイザー社で100万回あたり5回という数字が出ています。
 じんましん・かゆみ・息切れ、血圧の低下や意識喪失なども考えられるので、アレルギー症状の心配な方は、医師に十分に相談して接種に臨んでください。

東京都議会議員選挙の予定が確定!

宮瀬-おなだかポスター

宮瀬-阿久津ポスター

東京都議会議員選挙

公示日 6月25日(金)
投開票日 7月4日(日)

衆議院議員総選挙

任期満了 10月21日(木)となり
4月25日の衆議院・参議院の補欠選挙との同日または任期満了いっぱいいっぱいか?

令和3年度板橋区の予算審議がスタート!

2月15日(月)令和2年最終補正予算審議
           ~3月23日(火)令和3年度本予算審議

一般会計予算 2.209億4千万円 0.4%減

<歳入>
・特別区税(住民税等)        459億8千5百万円  2.2%減
・特別区交付金(東京都からの分配金) 635億円       3.9%減
・特別区債(借金)           55億5千万円   83.6%増
<歳出>
・人件費          356億9千4百万円  2.4%減
・扶助費          898億9千5百万円  1.8%増
・公債費           29億6千1百万円  4.1%増
・消費的経費        526億6千6百万円  2.9%増
・投資的経費        204億7千4百万円 12.5%減

財政見通しと予算編成

 我が国経済は、新型コロナウイルス感染拡大を受けた令和2年4月の緊急事態宣言発令後の歴史的落ち込みから持ち直しつつありますが、依然として不透明な状 況が続いています。
 本区においては、地方法人課税の税制改正に伴う減収の恒常化に加え、新型コロ ナウイルス感染拡大に伴う経済への深刻な影響を受け、特別区交付金及び特別区 民税の大幅な減収が見込まれます。
 一方、子ども家庭支援センター(令和4年度開設予定)や公共施設の再構築をはじめとした多額の経費負担を伴う事業が継続している上に、景気低迷による扶助費等が増加することが見込まれ、極めて厳しい財政運営となることが想定されます。

お知らせ - News -

2020/09/25
立憲民主号外をアップロードしました
2020/01/08
政治レポート令和2年新春号をアップロードいたしました。ぜひご覧ください。
2019/11/08
政治レポート令和元年10月号をアップロードいたしました。ぜひご覧ください。
2019/10/11
政治レポート令和元年秋号をアップロードいたしました。ぜひご覧ください。
2019/04/09
区政レポート2019年特別号をアップロードいたしました。ぜひご覧ください。

立憲民主党 前板橋区議会議員 おなだか勝公式サイトのごあんない

おなだか勝ツイッター -Twitter-

立憲民主党 前板橋区議会議員 おなだか勝公式サイト電話番号: お問い合わせ